iPhone8のカバーが人気である理由

リンゴのロゴが目を惹くクリアな素材

2017年に発売されたのが、iPhone8およびPlusで、アップル公式となる純正ケースを検討したり、購入したユーザーも少なくはないようで、レザーやシリコン素材などがあり、価格は5000円からです。アップルロゴによるブランドの付加価値も価格に反映されていますが、前モデルであったiPhone7とディスプレイサイズがほぼ変わらず、お気に入りのケースを使いまわすことも可能です。一般的に、購入の決め手としたいのはレビュー評価で、とかく、薄型のTPU素材のクリアケースは人気アイテムです。と言うのも、透明であればアップルロゴが見える点、背面ガラスの光沢も特徴的であるため、iPhoneとしてのブランド価値も意識できます。

手帳型だから何かと使い勝手も良い

クリアケースがアップルユーザーから評価される中、気になるのは、塵や埃です。防塵設計であれば故障の原因も回避できますが、その点に配慮されているのが手帳型のiPhone8カバーで、マグネット式やゴム式など、手帳感覚で開閉できる仕様です。また人気なのはカバーに小窓が付いているデザインで、わざわざカバーを開くことなく、電話の応対や時間の確認ができます。カード収納ポケット付きが評価される手帳型では、ポイントカードや名刺、映画のチケットなどを収納したいユーザー向けです。しかしiPhoneだけで支払いやポイント付けができるため、手帳としての機能を求めるよりも、デザイン性で選ばれている傾向です。

憧れのブランドを身近に取り入れる

男性から人気を集めるiPhone8カバーは、アクティブに活動することも配慮された耐衝撃性に優れたハードタイプです。例えば、角ダンパー部分に衝撃に強い素材が使われています。これまで、メッキ加工のものがシンプルで男性ウケが良かったものの、滑りやすく、扱い方やグリップ力によっては落としやすくなり、画面が割れるケースも懸念されています。ハードタイプは、手にフィットする握りやすい素材感が評価されています。また男女問わず、ユニセックスなデザインが評価されるのが、誰もが知る海外ブランドケースです。代表的なのでは、ブランドバッグや財布を形取っているタイプで、CやGマークで周知されるブランドが一例です。高級バッグは手が出にくいものの、正規品のみならず、パロディなデザインなども話題を集めています。例えば、マトラッセの厚みのある作りによって、衝撃からも保護でき、ストラップが備えられており、ミニポシェットのような見た目でも使えると評価されています。アクセサリー感覚など、ユニセックス対応の海外ブランドはセレブリティなデザインからも火が付いています。

ピックアップ記事一覧